輝く素肌を目指して

輝く素肌を目指して

フケやかゆみがあったら頭皮に潤いを


乾燥の時期、髪の毛にフケがついてしまったり、頭が痒くなってしまうことってありますよね。
フケや頭皮の痒みの原因はいろいろありますが、その中でも多いのが頭皮の乾燥。

 

頭皮も顔の肌とつながっているので、同じように保湿ケアも大切なのです。
出てくるフケは頭皮の古くなった角質です。頭皮の肌のターンオーバーが乱れている可能性があるので、頭皮も他の肌と同じように保湿する区とでずいぶんと改善されてきます。

 

例えば、洗髪前に植物性のオイルで頭皮マッサージをしてみるもの頭皮を乾燥から防いでくれます。
洗髪後においるマッサージをすると頭皮がベタついてまうので、洗髪前がおすすめ。

 

そしてシャンプーのし過ぎは控えましょう。
フケや痒みが出てくるからといって、たくさんシャンプーをしてしまうと更なる乾燥を招いてしまいます。
シャンプーの洗浄成分が必要な皮脂までも落としてしまうのでシャンプーはほどほどに。
髪や頭皮と同じ弱酸性のアミノ酸シャンプーを取り入れるのもおすすめですよ。
【弱酸性のアミノ酸シャンプー】チャップアップシャンプー 通販

 

私の髪は細くて、きれやすく、ものすごい猫っ毛です。
そのせいで中学、高校の年頃の頃は、毎日髪のセットで30分は費やしていました。
しかし、雨が降ると、その手間は無駄になり一瞬で元のもしゃもしゃの髪に戻ってしまいます。
そういうときは、本当に学校に行くのが嫌でした。

 

そして、友達と遊ぶことや、デートなどの予定を入れるのも、天気予報を調べて、できるだけ雨の日は避けて、約束をしていました。

 

その為、アイロンはどこに行くにも持ち歩いています。
今は縮毛矯正をしていますが、すこし時間がたって髪が伸びてくると、生え際がまたうねうねにねり、汚くなります。
その為、今でも、雨の日は会社に行くのも早めに出社して、トイレでアイロンを使い、髪を直します。

 

とにかく、髪がきれいになっていないと、気になって仕事にも集中できなかったり、人に会うのも嫌になります。
相手は気にしてないのはわかっていますが、自分の中で、髪が気になってしまった仕方ありません。

 

40代半ばにさしかかろうという頃、毎日の恐怖はお風呂場です。

 

更年期というもののせいか何なのかはわからないけど抜け毛が気になり始め、洗髪後に排水溝にたまる抜け毛は、まさにホラーそのもの!
いつか全部抜け落ちてなくなっちゃうんじゃないかと、不安と心配が四六時中頭に付きまとうようになっていきます。

 

シャンプーがいけないのかと思い色々と試したり、髪に良いサプリを飲んだりと、とにかく抜け毛防止が日々の課題。

 

そして、このくらいの年になると白髪も増えてきますので、白髪染めも必要。
しかし、白髪染めは刺激が強いために抜け毛を助長しかねませんから、本当に頭を悩ませました。

 

そんな悩みがストレスになってまた抜け毛が増えるのかとも思いましたが、気にせずにはいられないという…。
年齢相応の流れなのかもしれませんが、やはりここにきて急に「老化」を突きつけられると、女性なら誰でもへこんでしまいます。

 

適度な運動、バランスの良い食事、質の良い睡眠…。
出来る範囲で抜け毛防止に努めましたが、はたして何が一番効果があったのかはいまだに不明です。

 

抜け毛との真剣勝負は5年ほど続いたでしょうか、今は抜け毛もかなり落ち着きました。
やはり、更年期障害のひとつだったのかもしれません。

 

女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少したことで自律神経が乱れ、私の場合は頭皮にダメージを受けたということで…。
最終的に、お灸がとてもリラックスできて性に合うと思ったので、血流をよくするツボなどにお灸をほぼ毎日しています。

 

それにしても、あれだけ抜け続けて確かに髪のボリュームは減りましたが、まだしっかりと髪があるということには本当に驚きです。

 

ただ、抜けた部分から新しい毛が生えてくるので、それが雨の日などの湿度の高い日にはあほ毛となってピンピンはねて、目立つのなんの…。
トホホ、ですよ。

 

頭皮へのダメージを考えると白髪染めをする時も緊張しますし、まだまだ課題は山積みです。
髪がなくても白髪でもあほ毛でも死ぬことはありませんが、メンタル面のダメージってものすごく大きいんです。

 

年を重ねていくことの変化をしなやかに受け入れつつ、これからも美しい髪への憧れは失わずに努力していかないと!

 

この記事に関連する記事一覧