超美人の友達の脇部分から鼻を突きさすようなにおい

この前、女友達と外出した際に気が付いたのですが、超美人の友達の脇部分から何と言いますか鼻を突きさすようなにおいがしました。
最初は、友だちからではなくほかの人から臭っているのかと思いましたが、お友達が電車のつり革を握ったときに、その臭いが出ているのが友人のワキだと気が付きました。

こんなに美人でも、わきの臭いがあるのかと驚きましたが、たとえお友達でも、「ワキガなんじゃない?」とは聞くことはできませんでした。
さらに、何日か後に、夫が仕事をして帰ってきた時のこと。
半乾きの雑巾臭いニオイが漂っていたのです。

何処から臭うのか分からなくて、臭いの原因を探ってみると、ダンナのくつしたからハナを塞ぎたくなるような異臭が出ていました。
どうやら、雨でクツが濡れたまま、次の日も同じクツで出勤したために、靴の中でばい菌が沸いてニオイが出たみたいです。

美人のお友達と旦那の臭いは周囲の人が気付くくらいの臭いなのに、ダンナも友達もまったく分かっていないようでした。
ひょっとしたら、臭いニオイをずっと嗅いでいたら、徐々に臭わなくなるのかもしれません。
そんな風に考えると、自分が臭うようなことはないか心配になってしまいました。

みなさん、自分の体臭で不安になることはありませんか?私もよく心配になることがあります。
夏の汗が流れやすい時期もですが、寒いシーズンのお出かけ時の臭いも不安を感じてしまいます。
寒い季節は汗を掻かないようで、現実的には結構汗ばむ事があります。

あったかい上着を着てお出掛けしてショッピングセンターなどのあったかい場所に着くと、じっとりと汗ばんできます。
一年前にあたしはよくそういう事があり、いつのまにやら上着にまで「汗臭」がくっついてしまいました。

コートは手軽に洗浄出来ないので、消臭スプレーなどを使ってみましたが、効き目のありそうな商品を買っても汗の臭いを消す事は出来ませんでした。
それを反省し、今回はインナーウェアを買い換えてみました。

上着が厚い時には厚いセーターなどは着ない。
そして肌着は発熱性保湿素材を止め、コットンなど、「吸湿速乾性」に優れたものを選ぶようにしました。

今のところ汗が出るような事があっても、汗が長引かないようになりました。
そのお陰でコート類にも汗の匂いが染み込むような事もなく、気持ちよくお出掛けが出来ています。

何かと心配な体臭。
寒い時期も油断大敵ですよ!
学校でみんなと遊んだりして動き回るんだからしょうがないけど、どうしてこんなに臭いのだろう?奇妙なことに、週末に持って帰ってきた室内履きは匂わない。

場合によっては体用の石鹸で洗ったとしてもまだ臭ってる。
あまりにも気になって、洗ったらにおわないようにするためにはどうすればいいのか考えてみました。

ミョウバン石鹸や【嫌な臭いは洗って絶つ!】なんて書いてあるボディソープなど。
どれも効き目はいまいちで、つまりにおってしまう=菌が原因ではないかと思ったので、試しに殺菌作用のあるハンドソープで洗ったら、驚いたことににおいがすっきりと無くなりました。

それからしょっちゅうその石鹸を使い続けていると、すごかった足のニオイが徐々になくなってきたのです。
完ぺきではありませんがまぎれもなく帰ってきてすぐのあの臭いニオイが軽減しました。

ハンドソープで洗うのが正解なのかどうかといったことはわかりませんが、わきのところもそのハンドソープを使ったら暑い夏の時期でもそんなに気にならなかったのです。
私としてはすごいことを見つけたと思ったのです。
これから先もハンドソープを使って匂いを撃退しようと思っています。

ワタシは子どもの頃からわきが症の気があります。
薬局で購入した制汗剤を使用することで症状は抑える事が出来ていましたので特に周囲の視線が気になる事なく暮らしてこれました。

ですが、40歳近くになってから問題が発生しました。
わきが臭とは異なる体の匂いがしていることに気付いたのです。

詳しくはどこから発しているのか把握できていませんが、着用している服を嗅ぐと異様な匂いがします。
それが発覚してからは不本意ながらもこの体臭問題を知り合いに相談したり、スマホで勉強してみたりしました。
すると、この異臭は中高年の体の臭いだということを知りました。

中高年の男性の匂いだと思っていただけに、まさか私自身がそんな匂いを発するようになるとは思いもしませんでした。
本当に落ち込みました。

「加齢臭」の厄介なところは、ウェアにに付着した臭いがクリーニングしてもキチンと消えてくれないってところ。
自分は寝るときにはパジャマを着るのですが、ことに襟首らへんのにおいは丹念にクリーニングしても消えません。
この体の臭いから逃れることは出来ないのでしょうが、成る丈人の迷惑にならないよう気を付けていきたいと思います。

参考:小学生の女の子のわきが対策におすすめのクリームを教えます
URL:https://www.sasai-art.com/