酢をまいたような感じの体臭がするのは不憫だなと

わたし自身は汗臭でも酸っぱいにおいが好きじゃありません。
デパートに行ったときにお酢をつけているかのような酢臭いニオイのする人がいて、心苦しいのですが我慢が出来なくてセキが出てしまうのです。

その方々を観察してみても不潔そうに見える人もいたのですが、しっかりとキレイにしていて髪のセットもちゃんとした人も居ました。
体臭なのかな?なんて思ったのですが、ちょっとの酸っぱさなら我慢できるのですが酢をまいたような感じの体臭がするのは不憫だなとそういった方を見たときに思います。

本人にはどうしようもないことだと考えデオドラントスプレーで抑えようと思っても抑えることはできないんだろうなと思ったのです。
誰もがニオイを持っているのにその人の臭いのことをいうのはちょっと抵抗あるのですが、その人が気遣っているんだったら仕方がないと私も思うようにしたらそこまで臭いが気にならなくなったのです。

あたしにも汗臭い時があると考えたら相手を配慮する気持ちが持てるんだと思いました。

高学年に上がったころから、息子の頭のニオイが気になり始めたのです。
お風呂から上がったばかりでも匂っていたので、初めはちゃんと洗ってないからだと毎日のように「きちんと洗いなさい」と叱ってしまっていましたが、ある時耐えられなくなり代わりに私がシャンプーをしてあげて、すぐ臭いをかいでみたら、「あら?臭ってる?」。

それ位の年齢の子供は、頭皮からも何か特殊な物が出るんだろうか?と本気で悩んでしまいます。
クサイ臭いを漂わせていたら、いじめにもつながりかねないので何とかしてあげたい気持ちはあるけど、そもそも本人があまり気にしていないのです。

何を使ってもサラッとしか洗わなければ効果は現れないし、一緒にお風呂にも入ってくれないし、まさか毎日わたしが洗うわけにもいかないしとても困っているのです。
あと何年か経てばニオイがなくなるのか、本人が気にするようになるのか。

どうなるにせよ今の状態では何もできず、一人で頭を抱えています。
一瞬にして臭いを消してくれるような何かがあったら嬉しいのですが、きっとそんなのはありませんよね。

自分は子供の時からよく汗をかく方です。
夏は「如何して貴方だけびちょびちょに濡れているの?」と先生に言われるくらい汗でベタベタになっていたのです。

ワキ汗がいちばん酷かったので、中学・高校くらいの頃はよくからかわれていました。
部活でトランペットの担当だったので、合奏する際には近くにいる人は結構不快だったと思います。
当時はにおい対策なんてしていなかったので、今考えると友だちに申し訳なかったです。

大人になった今でも脇汗は凄く、仕事で慌てたりした場合ニオイが出るみたいで上司に感づかれてしまうこともあり最悪でした。
通勤中もワキ汗を懸念して、つり革を持つのを遠慮しています。
制汗スプレー以外にもクリームの制汗剤も使いましたが、あまり効かなかったのです。

わきの脱毛をすれば脇の汗が少なくならないかなと思ったので実行してみましたが、匂いこそ緩和したものの、汗を吸収する毛がないので、わき腹を伝って流れていくので気持ち悪かったです。
汗をかきやすい体質自体が変えられないかと只今模索中です。

女子ならみんな化粧が崩れる事が不安になると思うのですけど、わたしは、共感してもらえないような悩みがあります。
実は、すこしだけでも気温が上がってしまうと、鼻の所に汗をかくのです。

今現在まで同じような悩みを持っている人に合った事はないです。
「あたしもかくよ」と言う方もいらっしゃるのですが、私から見れば、羨ましいくらいに微々たる量なのです。
暑い時は知らないうちに、額の下から鼻の頭辺りに、汗が水滴になって出てくるのです。

メイクに関してはもちろん鼻から崩れる、凄い時はメガネが落ちる事もあり、初対面の人からはビックリされる。
毛穴が汚いのか新陳代謝が良すぎるのかと考えて、鼻用のパックなどでお鼻周辺をお手入れしましたが、全く効き目はありません。
年を重ねたせいで新陳代謝が悪くなったためか、ほんのちょっとですが少なくなった感じがするので救われています。

でも私と似た体質の七十才になる叔母が、鼻頭から汗が出ているのを見たら、ずっと付き合っていく問題なのかって思ったら気が重くなってきます。
これも遺伝なのでしょうが、なんとかして治らないかななんて自分を鏡で見るたび頭を抱えています。