夜遅い時間にはご飯を食べないようにしている

深夜に食事をする人もいますが、自分は夜遅い時間にご飯を食べていません。
それは美容の為だからです。
痩せる為という理由ではなく美容全般を考えて夜遅い時間に食べないようにしているのです。
というよりも、夜遅くに起きている事はわたし自身の場合はほとんどないのです。

早寝というほどではないけれど、美容のためには0時前にはベッドに入ったほうが良いと思ってずっとそれを守っています。
生活スタイルになっていますからよほどのことでもないかぎり真夜中まで起きているなんてことはないです。

わたくしが思う深夜というのはAM1時~3時位の事です。
これくらいの時間に起きていた場合、健康にも悪いですし空腹にもなります。

かなり前に夜遅い時間までおきていると凄い空腹に襲われたのです。
そのせいで眠る事が出来ず軽く食べたのですが、翌朝顔がパンパンに浮腫んでしまいました。
そのため夜遅い時間に食事をする事とか夜遅い時間まで起きているのは美容の為にならないと思ったのです。

最近有名人や女性モデルの人などが、スキンケアの極意として「モイスチュアケア」の話をされる方が増えましたよね。
私自身も以前は美肌術と言えばシミ防止に重点を置いていましたが、この頃は初心に返って保湿に力を入れています。

恥ずかしながら、昔はあまりにも「保湿」に無関心だったなと、今更ですがかなり反省しています。
美容ローションもだいぶ適当に塗っていましたし、そもそも急いでいるからとローションをつけなかったり、ローションやクリームをはしょって美容エッセンス等だけでケアしてみたりと、いま思えばお肌のお手入れなんてもんじゃありませんでした。

もちろん当時は肌細胞も若かったのでしのげていましたが、やはり年齢を重ねていくとそうも言ってられません。
あっという間に皮膚の乾きを感じるようになってしまいました。
ですから、近ごろは美肌のタレントさんのように肌への潤い補給一番頑張っています。

そして、保湿優先のケアにすると明らかに肌状態もすごく良くなるし、ニキビなどの発生率も下がります。
今後も「保湿」に力を入れていこうと思っています。

自分が美容のことで努力していることは、早い時間に寝ることです。
眠るという事は、お肌を健康に若いままキープするために必要なものですし、外せないものだとハッキリと言いたいと思うのです。

PM10からの時間が美肌のためのゴールデンタイムだと言われていますがわたくしも正しいと思っています。
私の家には2才の子供がいますが、わたくしの場合はこどもを先に寝かすのではなく子供と一緒にそのまま朝まで眠ってしまいます。
時間的には大抵夜の9時くらいでしょうか。
(お仕事をしている人はなかなか難しいですよね。スミマセン。)

だから、夜の十時にはしっかり夢の中です。
それ以外に気を配っている事は、顔をゴシゴシと洗いすぎないようにしている事です。
夜にはメイクをしている事もあり、きちんと落としますが、あさは洗顔クリームを使わず、流水で流す程度にしています。
アラフォーの私ですが、けっこうまわりの人に肌を褒められることが多いです。