出産後の抜け毛について心配する必要はありません

産後の抜け毛というのは実は多くの人が経験していて、あまり気に病む必要はないということが出来ます。しかし女性にとって髪の毛というのは大事なものですので全然心配してないという人はいないでしょう。なのでその原因について簡単に説明したいと思います。

一般的に出産して2ヶ月から3ヶ月後くらいに抜け毛が気になるようになるケースを出産後脱毛症といいます。女性の身体は妊娠したら女性ホルモンの分泌量が上がります。

この女性ホルモン、プロゲステロンは体温を上昇させたり毛髪の成長を促す効果があるので実は妊娠中は髪の量が増えているケースがあるのです。そして出産後に女性ホルモンが元に戻ることで女性ホルモンの作用で抜けずに成長していた髪が一気に抜ける現象が起こるのです。

つまり妊娠前の状態に戻っただけなのですが、抜け毛が増えれば髪の毛の心配するのは当たり前のことです。理由をしらないとビックリしてしまいますが、事前にそのことを知っているだけで心の平穏を保つことが可能です。

二人目を出産して6ヶ月、ある日シャンプーをしていた時のこと、あぁ?また来たな?と、ゴッソリ手のひらに絡まった髪の毛を見て思いました。
そうです、上の子の時もあった、産後の抜け毛の時期!とくにシャンプーのときが凄いんです。
髪の毛をとかすように洗うと、永遠に抜けるんじゃないかと恐怖を覚えるほど抜けるんです。

もちろん部屋にもパラパラと抜け落ちて、掃除も大変。
コロコロするのはいいけど、コロコロがめくれないほど絡まりつきます。
意味があるのかないのかわからないけど、とりあえず育毛剤の登場です。

数ヶ月で落ち着いてくると、今度はぬけたところからまた新しい毛が生えるので、短い毛がピンピンピーンと立ってしまい、前髪が面白いことになります…。
育児で忙しくて、丁寧に髪の毛のケアなんてそんなこと滅多にできません。
髪の毛振り乱して育児してるっていうけど、まさにその通りになってしまっている私です。

元の髪の毛に戻るまで私は2年くらいかかります。
そしてまた白髪が増えている…育児って大変ですね。

20代後半から発見するようになった白髪、最初はたまに見つけるくらいでした。
それが歳を重ねるごとに少しずつ増えてきて、40代の今、髪をかき分けるとあちこちに見つかります・・・

鏡で見れる範囲の白髪はチェックできますが、後ろ側はできません。
以前はよくしていたハーフアップもしなくなりました。
下ろした髪に白いのが必ずあるような気がしてまとめるなら全部まとめるようになりました。

それにしても男性の白髪は何とも思われませんけど、女性の白髪はイメージ的にマイナスですよね。
男性も白髪があると多少老けて見えますけど、あまりマイナスではありません。
OLだった20代の頃、会社の20代、30代の男性社員で白髪があった人にまったくマイナスイメージはありませんでした。
反対に「必死に仕事頑張ってるんだな」くらいのプラスになっていたくらいです(笑)

でも女性の白髪は絶対にプラスになんてなりません。
真っ白になったら素敵だなと思いますけど、果たして真っ白になるのかどうか・・・
まだらで止まりそうな気がしてなりません(笑)

白髪は加齢の現れだと思っていますが、それをうまくカバーできないことに困っています。
私の髪の毛は緩やかなくせ毛で、普段のスタイリングにはとても便利な髪質です。

ところが、白髪の多くは、1本1本の癖が強い縮毛状態なのです。
この縮毛が問題で、白髪染めがとても入りにくいようです。
せっかく染めても、特に太くて目立ちやすい白髪が染まりきらず、白く浮き上がって存在感を主張しています。

髪が長い時は、美容室で白髪染めをしてもらっていました。
今まで、いくつかの美容室を訪れましたが、残念ながら気に入った仕上がりになったことがありません。
ショートにしてからは、市販の「白髪染め」を使って自分で染めています。
確かに、充分に染まってはいないものの、価格の安さからある程度納得しています。

これからもずっと白髪との付き合いは続きますが、いかに白髪をおしゃれに利用するかが私の課題です。
今後、もっと白髪が増えた場合は、毛染めをせずに真っ白の状態にすることも考えています。

女性用白髪ケアシャンプー⇒haru黒髪スカルププロ