重宝していたGパンも着用できなくなってしまった

「美容」ってことで、食事にはそれ相応に気を掛けています。
過去に、ジャンクフードばかり食べていたら、お肌が荒れまくって、重宝していたGパンも着用できなくなってしまったからです。

まず、夜20時以降は食事禁止を心掛けています。
仕事柄、会社を出るのが午後八時を過ぎる時が少なくないのですが、そういった時は家に帰ってもお夕飯は我慢します。
はじめは我慢するのが大変だったのですが、現在では習慣化して平気になりました。
8時前までに夕ご飯をいただく、もしくは食事しないようにすると、朝のお肌や胃の調子が良い気がします。

次に、軽食的なものはナッツ類、果物、プレーンヨーグルト等のカロリー控えめなものにしています。
何しろ退社時間が遅かったりするので、軽食を食べないのは難しいです。
それで、果物などの体に良さそうなものを摂取することにしました。

あとは、お米はちょっとにして、野菜類をいっぱい食べるようにしています。
具体例としては、あたしのスタンダートメニューは小さいおにぎり一つと、大量の温野菜です。
野菜類を多めに摂ることで、体調もよくなります。
どれも難しいことではないので、この先も実行していきたいです。

美容に関して、美肌キープのために必ず気をつけなければならないのは、やっぱり乾燥からお肌を守ること。
顔はもちろんですが、全ての皮膚が乾燥しないように気を付けないといけません。

顔を例に挙げると、どんなにスキンケアをしたとしても、お肌が乾燥していた場合潤いが足りず肌がキズを負った状態を作ってしまいます。
なので、私自身が乾燥させないように注意している事は、まず第一に部屋中の空気が乾燥しないようにする事です。
とくに眠っている間は気を付けています。

空気が乾燥していると肌も乾燥し、その結果肌が痒くなってしまい、寝ている時いつの間にか引っ掻いてしまうのです。
そんな事にならないように、床に入る前にタオル類をすべて洗い、それを干した状態でベッドに入ります。
部屋の中の湿度も保てて、洗濯物も乾き一挙両得だと思います。

それから、肌が乾燥していると思ったときにはボディクリームを塗ります。
良質の物を使うかどうかではなく、一番肌にとっていいのは、常に乾燥を防いで守ってあげることです。
ブランド品じゃなくても良いので、気になる前にスグに塗れる保湿クリームをいつでも持っています。